岩手県の畠山様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月上旬頃
釣行エリア: 岩手県内陸部エリア
情報提供者: 畠山 忍様
ターゲット:サクラマス
使用タックル
ルアー:K-TEN BLUEOCEAN BKSP90(フレッシュウォータ向け限定ガイドモデル) 
ロッド: Gクラフトセブンセンス モンスターストリームMSS-892PE改
リール:10ステラ3000HG
ライン:ヨツアミ G-soul x8 アップグレード1.2号
リーダー:サンヨーナノダックスショックリーダー4号

34324007_2312084409018575_3198904020156547072_n

34408930_2312084309018585_8500072520274149376_n

34535234_2312084495685233_1985355525998510080_n

34444420_2312084225685260_732354316957908992_n

「馬の瀬で出来る流れのヨレを丹念にトゥイッチをかけつつドリフトさせ、チェイスの気配を感じたところで、ジャークへとアクションを切り替えた瞬間、バイトしてきました。
ローリング的なキラメキで魚を寄せ、左右へスライドするアクションでバイトまで至ったのだと思います。

このエリアは、河口から150キロ上流です。

ここまで遡上する自然のすごさと、生命力に感謝します。」

とのことです。
畠山様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN BLUEOCEAN製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

徳島県の加地様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年6月上旬頃
釣行エリア: 徳島県 吉野川エリア
情報提供者: 加地 武郎様
使用タックル
ルアー:Twinkle mute.(ミュート)
ロッド:オリジナルロッド 8ft
リール:STELLA3000
ライン:PE0,6
リーダー:16lb

900D7F54-8739-4170-AB41-D337B796EAE9

AF1DE3D7-5A02-4824-86B5-71A80C66805A

「今朝5時30分頃
吉野川下流域の小場所でヒットしました!
ルアーはtwinklemuteで
少しup気味にキャストしてドリフトさせながら時折Twitchしながら流してヒットさせました!
強い流れは勿論ですが緩い流れでもしっかりとアピールできるtwinklemuteはとても使いやすくお気に入りのルアーです」

とのことです。
加地様、釣果情報ありがとうございました!

ツインクル・ミュート製品ページはこちら

タックルハウスでは、皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

大阪府の安定のボウズ様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月下旬頃
釣行エリア: 和歌山県エリア 紀中の地磯
情報提供者: 安定のボウズ様
ターゲット:青物
使用タックル
ルアー:Tuned K-TEN <TKR-130H Hi-Fi Lipless>
ロッド:がまかつ LUXXEチータRR110MH
リール:ツインパワー5000HG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ30.5ポンド
フック:がまかつSP-MH#3

IMG_6606

「平日休みが取れたのでヒラスズキを狙いに行ったのですが、
天気予報通りのベタ凪で青物狙いに変更しました。

到着した地磯にはベイトが多かったので、朝からブリットペンシル170を投げるも無反応。

そこでK2F142に変えると青物がチェイスするもヒットせず・・・。

さらにTKR130Hに変えて5投目、フルキャストからの中速リトリーブ中に74cmのメジロがヒットしました。

シーバスタックルには十分な引きで、苦戦しながらなんとか取り込めました。

サラシがあれば他のルアーでもヒットしたのでしょうが、ベタ凪ではルアーの泳ぎ方に対する違和感に敏感だったのかと思います。

いまいち使い方の分からないルアーでしたが、これからは常に持っていこうと思います。」

とのことです。
安定のボウズ様、釣果情報ありがとうございました!

Tuned K-TEN TKR-130H製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

千葉県の大野様より釣果写真とメッセージを頂いておりましたのでご紹介します。

釣行日: 2018年5月中旬頃
釣行エリア: 千葉県 外房エリア
情報提供者: 大野 祐様
ターゲット:ヒラマサ
使用タックル
ルアー:K-TEN SECOND GENERATION K2F162 T3
ロッド:ゼナック DEFI MUTHOS Accura 100HH
リール:シマノ ツインパワーSW8000HG (14000スプール)
ライン:カルティバ 撃投PEフラッシュ5号
セカンドリーダー:よつあみ 磯ハンター15号 
リーダー:よつあみ FCアブソーバー100lb
フック カルティバSTX-58#1/0

34019883_1735047953237420_2971307999424937984_n

34038500_1735046249904257_3213279056652926976_n

34189772_1735046269904255_8228979463065436160_n

34034804_1735046256570923_7489263469082968064_n

34051801_1735046686570880_825045006900264960_n

「5月中旬ですが、、久しぶりにいい魚が釣れました
二宮さんから念を頂いたK2Fで嬉しさ倍増でした
109cm11kg」

「5月中旬の外房
朝マズメに入った磯は波も流れもなく無反応
大きく移動した2R目のポイントは風も吹き出し程よく波気立ち、点在するシモリにサラシが広がり流れも効いていました

一発目にもっと大型がヒットしましたが、何度もシモリにスタックした末に無念のフックアウト
その数投後にこの魚がヒットしました
アドレナリン全開だったからか速攻でランディングしましたが、意外に大きくて驚きと嬉しさと、先にバラした魚のサイズを想像してしまい何とも言えない心境でした
ラフな海面と流れがあればミノーが間違いないです」

とのことです。
大野様、釣果情報ありがとうございました!

K-TEN SECOND GENERATION K2Fシリーズ製品ページはこちら

タックルハウスでは皆様からの釣果写真、釣果情報を随時募集しております。
Eメールやオフィシャルフェイスブックページ、ツイッターへのメッセージ等でお送りください。
(業務の都合上、返信までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。)
公開可能な情報は、ブログやSNSでご紹介させて頂きます。
(※頂いた写真によっては、画質の低すぎるものなど、当方で判断して公開を控えさせ頂く場合もございます。予めご了承ください。)
Eメールアドレス
t_koga@tacklehouse.co.jp

タックルハウスフェイスブックページはこちら

タックルハウスツイッターはこちら

GoPhishの武田栄氏より、「山陰・日本海のデイシーバス大会」のレポートを頂きましたのでご紹介します。
全国の釣具店様の店頭に並び始めた「スチールミノー18g」も大活躍だったようです。

↓↓

山陰・日本海のデイシーバス大会レポート    
(Go-Phish主催/TACKLE HOUSEテスター 武田栄)

去る6/17(日)鳥取県にて開催されたデイゲームシーバス大会にお邪魔してきました。

地元では恒例となっています岡山県在住のベテランアングラー富岡さんが主催する実にアットホームな大会です。(協賛は岡山県津山市のいわもと釣具様)。

僕は今回も大会のゲストとしてお呼びいただきましたが3度目の参加ともあって参加者の皆さんともすっかり顔なじみ。
開始前から楽しい雰囲気でいっぱいです。

㏂7:30 大会集合場所に集まった20名弱のアングラー、主に岡山の津山を中心に県北、そして県南からの参加者もいらっしゃいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岡山と聞いて「海」のイメージがどれほどあるのかご存知ない方も多くいらっしゃると思いますが、地元の皆さんは少年期からバスやライギョ、渓流トラウトに始まり今日の厳選されたタックルを見てもすぐにわかりますが皆さん凄腕の釣り人揃い。

広大な岡山県は県南・県北とに大きくエリアが分かれますが、瀬戸内沿岸部や各河川でのシーバスはもちろん、北は山陰(鳥取・島根エリア)でのシーバスはもちろん、ライトゲームからオフショアに至るまで釣りものは多く、また今では少し車を走らせれば高知県のアカメ狙いにも通えるという抜群の立地にあります。

今回釣り場となったのは日本海に注ぐ汽水湖周辺での釣り。
ロケーションは実に美しく、今回の集合時間は朝7:30ですが、日中でも十分に狙える時期だそうです。

慣れた様子で富岡さんから大会内容を説明、そしてその後は僕から皆さんへ。
今回はタイミングよく待望の「スチールミノー18g」のリリースが重なったので、プロモーションの一環としまして(全員とは行きませんが)参加の皆さんに手渡しでサンプリングさせていただきました。

アップのコピー

CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら

メインポイントは水深1m~3mと浅く、藻場の回避+遠投が必要との事なのでこのスチールミノー18gを使っていただくには最適な場所。

富岡さんの合図とともに各自車に乗り込んで大会スタート。
エリアは広大でオカッパリもしやすい場所なので、僕は今回大阪から参加してくれた井原望さん(のぞみちゃん)とともに富岡さんの車に便乗して釣り開始です。

晴天・微風、満潮時間は㏂8:00頃。
潮位差の少ない日本海エリアですが、基本的な沿岸部の潮流や風の影響、そして汽水湖との水路からなる干満差で潮(ベイト)は動きます。

車で通りすがるとさっそく参加者の一人がシーバスを釣り上げています。
近寄ると50cmほどのシーバス(ルアーはSHORESスピノバイブ70)、とても美しくコンディションは抜群です。
SHORES スピノバイブ製品ページはこちら

「狙い目は水面をモジるベイト(ミニベイトやイナっ子など)の溜まり場所と沖の潮目じゃけん」
っと富岡さん。
僕たちも釣り開始です。もちろん僕達のルアーはスチールミノー18g。
ライトシーバスタックルでもストレスなく使える飛距離とレンジが安心です。
僕は少し張り出した小さな堤防から沖へキャストすると少し巻いたところで豪快なバイト!
「来たよー!」っと声をかけるもランディング時にバラシ(同じく50cmクラス)。

こんなドピーカンの凪のポイントで普通に食ってくるシーバス釣りも楽しいものです。
「ここで粘ってみよう!」
っと富岡さん。
そして潮目が近づいた瞬間、のぞみちゃんのスチールミノーにバイト!
フッキング後は水面炸裂です!…60cm弱クラスを無事ランディング!

IMG_2975

IMG_2974

写真を撮り今度は富岡さんにもバイト!
こちらはセイゴクラスでしたが無事ランディング。潮目に沿って回遊する中~小型の群れの様です。

しばらくするとまたのぞみちゃんにもバイト!
その後潮は緩みひと息。
美しい海を見ていると幸いなことに「タケダさんですか?」っと周囲で釣りをされていた地元アングラーさんから声をかけていただきました。
「今日は朝マズメの上げこみで大きな時合いがありましたよー!」との事。
とは言え時合を逃してもこれだけの釣果が出るこのポテンシャルに驚きです。

大会は午前中いっぱい。僕たちは早めに会場に戻り集計の準備。終了時間に近づくと参加メンバーも続々と会場へ戻ってきました。

集計を見ているとほぼ全員安打!凄いです。
結果この日の一位は県南から参加のアカメハンターでベイトマンの田中さんの71cm、
続いて60cmクラスと50cm後半クラスが多数。もちろんスチールミノーの釣果も出ています。

IMG_2968

IMG_2978

IMG_2971

見事1位となった田中さんのコメント

「今日選んだポイントはベイトが溜まる広大なシャローのワンドでボトムは藻が密集、水深は1m前後。魚の気配はあったので、
さっそくスチールミノー18gをキャストするとショートバイト。
フォロー用にと小型バイブを投げてみても反応はなく、またスチールミノー18gに戻すとバイトが増えだし最大この71cmが出ました!!」

写真 2018-06-18 13 46 45

今回はベイト付きと沖を回遊する2パターンのシーバスを狙う釣りとなりましたが、そのどちらにもスチールミノー18gがハマってくれました。

このエリアのデイゲームではハイシーズンとなる夏から秋にかけてはトップゲーム、遠投の必要性やレンジが沈めばこちらでも人気の定番アイテム「ローリングベイト」や小型バイブレーションなどの釣りが基本との事ですが今回のスチールミノー18gの登場で見事に飛距離を落とさず、さらにシビアなレンジ攻略が可能となりました。

多くの実績と多彩なアクションのサーフェイスプラグ各種、サイズも多様で中層からボトムまでの各レンジを攻略する港湾系ルアーも充実したタックルハウスの各種シーバスルアー、そして今回のスチールミノー18gのリリースで攻略の幅が大きく広がりました。
抜群の飛距離とミノーライクなアクション、実績はまだまだこれからですがこの独特なアクションは波動やフラッシングなどに加えて
「魚を寄せる何か?」を強く感じます。

スチールミノー18g、皆さんのエリアでも是非一度使ってみてください!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_2980

タックルデータ

ロッド:Go-Phish ST-83&96(シーバスロッド)

リール:2500~3000番クラス

ライン:PE1号クラス

リーダー:フロロカーボン16~20lb

ヒットルアー:TACKLE HOUSE スチールミノー18g、SHORESスピノバイブ70、クルーズバイブレーションCRV70など。

クルーズ・バイブレーション製品ページはこちら
SHORES スピノバイブ製品ページはこちら
CONTACT スチールミノー、スイム動画、製品ページはこちら