HOME > K-TEN
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。

TKP135 TT  限定カラーとアクションのこと
 TKP135TTのアクションと限定カラーについてお問い合わせがありましたので、ここでお応えします。

 

 まず限定カラーの塗装工程の一端をお見せします。(あまり数が作れない言い訳です。) 例としてMN2、3の小さな丸い点と細い線の極薄レーザーシートは、そのままの形を貼ることが小さく細いためできないのです。





 レーザーシートを貼りたい部分は予め別の粘着シート(写真緑色、ルアー1体に2枚使う)に型を取り、丸い点と細い線を切り抜く必要があるのです。切り抜いた部分だけに後からレーザーシートが付きます。

 

 型は粘着シートなので機械に任せるわけにもいかず、穴や線を抜くのは全て手作業になります。切り込みを入れたシートから抜きたい部分をガムテープで引き剥がすというかなり原始的な方法ですw


 

 ちなみにコスト度外視な方法なので、準備はチーフにお願いして、実作業は工賃の発生しない私が自宅に持ち込んでやりました。

 

 

 次にアクションについて映像のほうがわかりやすいということで載せてみます。


 参考にしてください。


 秋が深まり大スズキ相手にスローリトリーブを中心とした使い方も生きてくると思います。幸運を!
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=372 |
| K-TEN | 05:55 PM | comments (2) | trackback (0) |
TKP135 TT 引き波
 TKP135TTは9月中旬からの発売に向けて鋭意製作中です。正式な発売日の告知の前に、このルアーが持つ変わった性質をもう一つ紹介します。







 

 ルアーのサイズからしてターゲットはヒラスズキ、スズキ、青物等の大型魚になります。 それぞれの釣りの現場で各人各様の釣り方を見ていると、このジャンルのルアーでまだやり残している事はないのか、気付かせてくれます。

 

 そして高速で使う方、多様なアクションで誘う方、様々な使い方の中で特にヒラスズキ、スズキ相手のときにはスローを中心とした使い方が多いのです。

 このとき、アクションとか光の反射といった要素の他に、他のルアーと明確な差が出せる要素はないのか、考えたわけです。

 

 注目したのは引き波の出方でした。

 TKP135は立ち浮きしますので、ゆっくり引くと少し頭を出して30度~50度ぐらいの角度で進みます。同じ棒状のルアーなら引き波なんて皆同じになりそうですが、ある工夫をすると、ガラリと変わるのです。

 

 以前Mクワイエットというルアーの実験で引き波の出方で魚の反応が変わることを実感していました。Mクワイエットは引き波の大きさ自体を最小にしたものですが、今作はポッパーなのでどうしても大きな引き波になります。

 そこで具体的にはルアーが引かれたとき、吃水線(浮かんだ時、水面とルアーが触れる線)となるところの背中側(後方)を平たくしたのです。こうすると、通常の断面が楕円状のルアーに比べて、弾丸の形のように後部がカットされた断面となるこのルアーは、水流が平らな背の部分で剥離しずらくなり乱流となります。そこに僅かですか振動波が発生するのです。

 

 カップの端で水面を切る際に生じる普通の引き波の他に、引き波の中心である背中から細かく出る波は、水中に小さなスクリューでもあるかのようです。

 単なる棒状のルアーが放つ引き波よりも生命感が増すので採用しました。スローリトリーブ時にきっとお役に立てると思います。





 

 

 追記、今回のルアーではゴーフィッシュの武田氏にもセッティング等、色々と手伝っていただきました。初回限定カラーの中にあのド派手な武ちゃんカラーがあるのでお楽しみに。



| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=370 |
| K-TEN | 03:04 PM | comments (0) | trackback (0) |
ポッパーのカップについて(提案)
 9月発売予定のTKP135TTの頭部は、ダウンヘッドという形状を採用しています。これで初動時の水掴みとダイビング後の姿勢制御が良好になりました。

 カップの形状はカップ音やアブクの出具合はもちろん視認性にも拘ったので、カップの深さ方向の断面は単純な半球面ではありません。








 

 そして、次に書くことはある機能を発揮するカラーを施したカップのことです。(写真参考試作品。ベースを赤黄にしてあるのは視認性確認のため)

 これはほとんど直立の浮き姿勢のルアーを作るまで温めていた企画で、現物のテストをしてその効果を確信しました。








 

 カップ径25ミリぐらいの直立浮き型ルアーを比重ギリにして、カップ中心を眼のように黒っぽく塗るのです。そうしてリトリーブを止めると、猛禽類の眼と、サメの目の動きを参考にしたカップが上空に向き、ギョロッと威嚇します。

 そうすると何が起きるのか?

 鳥山、ナブラ等絶好の機会に、ルアーが鳥に襲われそうになっても、任意に追い払うことができるのです。カップの眼と眼を合わす鳥が一瞬、硬直するので笑えます。

 鳥が乱舞する中にトップ系ルアーを投入するのは、勇気がいるものです。本命がヒットする前に鳥が掛かってしまうからです。そのため、重いルアーにしたり、ナブラから投入点をズラシたりして、落ち着いて釣りができませんでした。それがある程度解消できると思います。

 

 ただしテストでは良好な結果でしたが、全ての条件で試したわけではありません。鳥の種類、天候、陽の角度、慣れの問題、ナブラ、鳥山の規模、鳥の興奮具合、眼を見せるタイミング等で効果は変わるものと思われます。その点、理解した上で使用してください。(発売時はバードリフレクションカラーとかバードフリーズカラーとかの呼称になるはずです。レギュラーカラーのマリングリーンに着色する予定です。)

 釣りへの悪影響はほとんど無く、トップで積極的にナブラを攻めることができ、何より、鳥を傷付けることが少なくなります。

 

 9月まで待てない、テストしてみたい方がおられましたら、条件の合う手持ちのポッパーにサインペンででも着色してみてください。鳥の眼がものすごく良いことを実感できると思います。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=369 |
| K-TEN | 10:33 PM | comments (4) | trackback (0) |
TKP135 TT 予定
 お約束していた新作ルアーの名はTKP135TTになりました。私としてはジャンピングポッパー以来26年ぶりになる水受けカップを持った純ポッパーとなります。

 浮き姿勢は立ち型として、ヒラスズキ、青物を見据えてセッティングしました。9月中には発売できる予定です。

 

 いくつかの新しい工夫を施してあるので、まだ全容をお知らせできないのですが、ご期待には応えられたと自負しています。

 

 







 今回はその主要な機能について説明させてください。

 まず脳内シュミレーションをしていただきたいのです。いきなり魚の身になって、あるいはルアーになったつもりで、というのは無理があるので、ここは人間のままで想像してみてください。w

 

 だいたい6キログラム~10キログラムの大きな鉄の玉をお盆の上に乗せて落ちないように持って真っ直ぐ歩いてみます。重くて辛いですが、何とか歩くことはできると思います。

 ところが10キロもある鉄の玉が、お盆の上で勝手に動き回ったらどうなるでしょう?

 真っ直ぐ歩くことすら困難になりバランスを取るために全身を使って耐えることになります。後ろからであれば、酩酊状態のようにも見えるでしょう。

 この時、物取りとか略奪者がいれば、等速でスタスタ歩いている人より、容易いカモと映るはずです。つまり襲われやすい動きであるわけです。(シュミレーション終わり)

 

 人間以外の多様な生物でも同様なことが起こります。こうした動きをすると、それが小魚であれば捕食者にとって格好の餌食でしょう。昔からルアーアクションは弱っている小魚や油断している小魚を演出すればよいと言われていますが、具体的に何をすればいいのかとなると難しいでしょう。

 

 ルアー側でできることは?TKP135TTはこれを意識して作りました。

 既存のRユニットもその要素はありますが回転運動ゆえ、コントロールが効き過ぎて大人しめです。今回欲しいのは錘が360度の全方向で往復運動するユニットなので、新たなシステムを考えることになりました。

 

 名付けてRMシステム。

 ほとんど音を発することなく、勝手にスムーズに鉄球が往復運動するユニットを作り、それとKーTENシステムとを合体させました。普通の形状の磁石ではこうならないので、磁石の形自体を変えて、磁力の強さや方向を集中させることによって実現しました。また可能性がひとつ拡がったと思います。

 長くなるので今回はこれぐらいにして、次回記事ではポッパーとしての他の機能をお知らせしたいと思います。

 楽しいルアーなので期待していてください。

| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=368 |
| K-TEN | 02:25 PM | comments (4) | trackback (0) |
TKLM80 出荷開始
 お待たせしました。新製品TKLM80は、この数日内にご注文を頂いた弊社製品取扱店様に順次出荷を開始します。

 

 TKLM80は小型軽量ルアーらしくない爽快な投入感があり、またテクニックを駆使出来る操作性とチューニングによる可能性に富み、加えて魚を取り込む際の安心感といった、ルアーにとっての根本を重視して作りました。

 

 長くご愛用頂きたく思います。









 

 以下、新発売初回限定カラーとノーマルカラーのご案内になります。

【初回出荷限定カラー3色】
MN-1.MNブラック
MN-2.PHGクリア
MN-3.ステイルフィッシュ

【TKLM80.90.120共通カラーチャート】
101.パール・レッドヘッド
102.SH・レッドヘッド
103.パール・チャート
104.SH・チャート/オレンジベリー
105.SH・ピンク
106.SH・ゴールドレッド
107.SH・イエロー/グリーン
108.パール・レインボー
109.HG・レインボー
110.SH・セグロカタクチ
111.SH・イワシ
112.SH・イワシ/レッドベリー
113.S・コノシロ
114.HGアユ
115.クリアHG・ピンクヘッド














 TKLM80には塗装密着のために物理的な表面処理をしてあります。






 TKLM"8/9.5"に装着のリング「h#2.5」は特注品で現在市販されていないため、直接販売(15個入り)となります。既存の前後サイズのリングでも代用できますが、ご希望の方はお手数ですが、 82円切手4枚(328円分)を同封の上、

〒194-0035 東京都町田市忠生1-29-1 タックルハウス 「h#2.5リング」係宛

にお送り下さい。早急に写真のリングセットをお届けします。














| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=358 |
| K-TEN::TKLM | 02:22 PM | comments (4) | trackback (0) |
TKLM80 について
 今月中旬を発売予定とするTKLM80に関して、幾つかのお問合せがありました。それらについてお答えします。

 

 80のご購入を検討されている方の多くは既に90をお持ちでした。1cmという小型化は、性質上ただでさえ呑み込まれやすいTKLMなのでそれを心配する声も頂いています。

 

 呑まれ易い原因の大半は、リップが無くてリトリーブ中のラインテンションが低く、抵抗が少なく水と一緒にルアーが吸い込まれることにあります。それに対処するため、せめて90並みのテンションに近づけてあります。使用した感覚でいうと、暗闇ではどちらを引いているのか判らないこともあるぐらいです。 

 その場合、困るのがルアー交換時、見た目、シルエットが似ている点です。表面の質感が違うので、二つを並べて比較すれば一目瞭然ですが、実地では別々に使うことからはっきりしないかもしれません。

 

 そこで、暗い中でも一瞬で判別できるようにそれぞれの特徴を示しておきます。

 それは反射光の違いになります。(写真)























 わずかでも光源があれば、ペイントの眼から尾に向かって伸びるラインを反射で光らせて、その光のラインの形で見分けるわけです。  

 90が柔らかな一筋の光の曲線を描くのに比べて、80は尾の近くまで光が一直線に伸び、尾の直前で急に曲がります。(曲がっているのは光だけで、尾が曲がっているわけではありません)

 それと、尾部のアイの付き出し具合もかなり違います。

 これらを参考にすればルアー交換に手間取らないと思います。

 

 

 もうひとつ、新たな特注サイズのスプリットリングを採用するにあたり、その入手方法ですが、検討した結果、当初は切手で相当分の販売をすることになりました。

 お店ではルアーと小物売り場は離れていますし、一つだけを見つけにくいだろうことと、全国で確実に入手できる方法として選びました。詳細については発売日が近づきましたらお知らせしたいと思います。

 

 また、ニューサイズのリングの採用に至ったわけは、ルアーが先鋭化する中、小さいリングのサイズ分けが大雑把と感じたからでした。いずれ専門メーカーさんからの発売も期待してのことです。

 

 以下、通常のリングサイズに代用したときのルアーの水中姿勢を写真にしました。 (市販品は塗装の種類やフックの製品重量差で、微差が出ることが予想されます。その点はご容赦ください。)
















元々チューンドの名のとおり、積極的に換えてみるのもあり、という考えで設計しています。こちらも参考にしていただけたら幸いです。

 

 なお、ノーマルに付いているリングは小さくとも固く強いです。怪我のないようスプリットリングプライヤーをお使いください。







  
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=357 |
| K-TEN::TKLM | 05:27 PM | comments (0) | trackback (0) |
TKLM 80  封印解除
 初のチューンドK-TENシリーズとして現TKLM90を発表してから15年経ちました。今なお現役ルアーでいられるのは皆様からの熱いご支持のおかげです。

 あの年に生まれた方がもう高校を卒業間近だと思うと、年月の重みを感じます。




 

 ・・・そして今春、長い経験と知恵を込めてTKLM80の生産を開始します。





 ご期待にお応えできるように現在の製作精度をフル活用したギリギリの設計です。







 

 仕様は80ミリ9・5グラム、フックST46の5番、リングH2.5、小粒なルアーながらもレーザーカット貫通ワイヤーです。純淡水で沈み気味のサスペンドで、純海水では低浮力のフローティングになります。泳層は90と同じぐらいのところも引けますが、全体の平均深度は若干深くなります。90と補い合う関係や双方の使用感、また主な使用場所でのライン角度が立ち気味なことを考慮して設定しました。

 90と同じ重量の磁着タングステン球を使用しているので飛びも万全です。

 

 それとこのルアーサイズに合う理想的なスプリットリングが無かったため、新たに特注のリングを作りました。一回り大きい通常のリングより実験上強いです。(写真。K2Fに付けて引っ張り合い)










 発売予定は2月中旬になります。よろしくお願いします。


 なお、このTKLM80で得られる私個人の利益(歩合のようなもの)は全て魚族保護や環境保全のために真面目に活動されている団体に永続的に寄付することが決まっています。

 

 

 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=356 |
| K-TEN::TKLM | 02:22 PM | comments (10) | trackback (0) |
TKW140 尾下部のフクラミについて(質問)
 TKW140の尾下部に小さな出っ張りがあるのは何故? という質問がありましたのでお答えします。

 

 これは無駄とかオマケではなく、必要に迫られて採用したデザイン手法になります。

 本体の中に定評のあるK2F142由来の重心移動システムを組み込む際、タングステン球を飛びに理想的な位置にしますと内部の接着面積に不足が出るので、それを補うためにワイヤーを僅かに迂回させています。(エスケープワイヤー)

 

 K2F142に出っ張りが無いのは元々ギリギリの設計で強度に影響がない限り、その部分を少々強引にフラットにしているからです。しかしそれだとプラ樹脂を充填した時、超薄い部分ができ製造上のロスが発生していました。

 

 例えば自動車では、より高性能なターボやインタークーラー関連の装置を取り付けるとノーマルボンネットでは干渉してしまうので、その部分周りだけ膨らみを持たせてある場合があります。また同一車種で排気量の大きいエンジンを積む場合も全体を膨らますのではなく、部分的に膨らませて覆うことで、デザインのシャープさを維持することがあります。オーバーフェンダーとかも同様で車好きには高性能の証しみたいなものです。

 

 TKW140もあの小さな出っ張りをただ覆ってフラットにすると想像以上に尾の辺りが太くなってしまうのです。特にリトリーブを止めたときのシルエットが大事なルアーなので、チューンド、の名に相応しいこの手法を採用したわけです。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=354 |
| K-TEN::TKW | 10:01 PM | comments (0) | trackback (0) |
TKW140 フック換装について。
 まず、高知のUさんより河川でのアカメの便りが届きました。ブロンドカラー。おめでとうございます。












 東京のTさんより千葉内湾河川にて、スズキ。他のルアーよりボラの接触が多い、とのこと。タグ付き確認後、再放流。











ご報告、ありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 TKW140のフックについてのお問い合わせが数件ありましたので、いくつか写真と例をあげて説明します。

 

 純正はST56の2番で、約1、4グラムです。換装する場合これを目安にお願いします。

 ボリュームある躯体は細身のルアーよりはフック換装による影響は少ないので、ノーマルに不足を感じたり、選んだフィールドでのベストを目指すときにお試しください。

 

 ご存知のように釣り場におけるルアーの挙動は一定ではなく様々な条件で千変万化します。中でも波の中のルアーの潜航深度は一概に何センチというのは難しいものです。

 

 TKW140はリップを削ることで微調整を図ることができますが、フックの換装をしてもある程度可能です。

 この場合、軽いフックにすると、泳ぎは大きく、泳層は浅くなります。もう一つ、フックが細くなれば、刺さりは良くなりますが当然伸びるリスクが増えます。

 ノーマルの太軸フックは大型魚をある程度引っ張りっこしてランディングすることを想定しているので、小型魚は刺さり辛く、強いアワセが必要となるでしょう。フィールドが障害物の全く無いサーフなどでは刺さりを重視して一段細身にすると有利になる場合があるはずです。

 

 一方、青物等狙ったり潜航深度を下げたいときや魚のサイズで一段ぐらいはノーマルより太軸フックを装着することができますが、少々アクションに影響がでます。極端に重く、強いフックに換装する場合は自己責任でお願いします。

 

 

 写真は淡水に浮かべています。ご覧のように浮き姿勢への影響は少ないです。ご自身の求めるところの参考にしてください。

 フィールドにアジャストしたルアーは最強アイテムに成り得ます。









【参考】K2F142 フック換装

| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=353 |
| K-TEN::TKW | 03:33 PM | comments (0) | trackback (0) |
TKW140 発送状況
 TKW140を新発売してから数日経ちましたが、予定販売数を上回るご注文をいただいています。ありがとうございます。
初回限定カラーは売り切れてしまい、定番カラーの追加生産を急いでいます。完成次第、順次発送しますので、ご理解よろしくお願いします。


発売が土日と重なったせいか、さっそく各地から釣果報告がありました。一部掲載させていただきます。


島根のYさんより。地磯、リップを5㎜削ってスズキ3本。












大阪のYさんより。河川内、14㎝とは思えない軽いフィーリング。













高知のOさんより。河口域、さっそくのアカメ!













高知のTさんより。ルアー初おろしでヒラスズキ2本。













神奈川のKさんより。ソフトトゥイッチにもんどりうって。











ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





newルアーがお役に立てて嬉しいかぎりです。ありがとうございました。今後も良い魚に巡り合いますよう、願っています。二宮。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=352 |
| K-TEN::TKW | 01:09 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑


 
合計: 3934311
今日: 878
昨日: 1519
あなたの良き思い出のために