HOME > K-TEN SECOND GENERATION > K2RP122
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。
 

K2RP122 リップルポッパー発売
 お待たせしました。K2RP122リップルポッパーは本日から取扱店様に順次発送しています。
 全15色、限定カラー1色ですが、ゴールドレッドだけは月末になる予定です。
 
 ぜひお買い求めいただいて、まずは明るい時間帯にでも従来リップルとの挙動の違いをご覧になってください。見かけは従来リップルと似ていますが、その性質はより繊細でありながら、よりアグレッシブに使用できるようになっています。
 
 
 例えば、根の先に投げても海水さえ岩を乗り越せるのなら、タイミングを見て波と一緒に岩を越せます。シンキング系はもちろん、縦浮きのポッパーやミノーではコツを要する困難なことを、高浮力な水平浮きであるK2RPは形状的にも容易にこなすことができます。
 このことはトレースコースそのものの拡大に繋がり、その増した飛距離と共に、実戦で大いに助けとなる性質です。
 
 もう少し詳しく言うと、磯上に波が駆け上がり次に落ちていくその磯際こそ最も確率の高いヒットゾーンですが、現実的には岩のギリギリにルアーを投げ込むには根掛かりや破損が怖くて、つい少し離れた安全ゾーンに投げがちになるものです。
 飛距離を増し、フッキング率を向上させ、なお比重を軽くすることに成功したK2RPは着水時に深く潜ることもなく、不慮のトラブルを回避しやすくなりました。つまり積極的に狙えるポイントが増えるわけです。
 
 
 一方、静かな海をトレースするときは、水面とのライン角度とスピード調整で明確になる水上アクションと水面直下アクションを使い分けてみてください。
 超低速域でもメインウエイトが僅かに横ブレして、浮いたゴミ化を防ぎますが、真骨頂は適度なスピードで潜らせた後、単なる引き波系ルアーではできない、水面上に出るか出ないかの微妙な領域さえコントロールできることです。独特な生命感を与えることで、新たなメソッドを引き出してあげてください。
 
 また、青物等で常用される高速域では従来リップルと水上では同じですが、水面下では振り幅の狭いミノーアクションになっています。単調なルアーにはできないことなので、使い分けるというより、ミックスで演出を楽しんでください。
 
 
 追記、モニターさんからの質問で、磁石が離れやすいのでは?とありましたが、これは縦にしたとき、投げる時には球が磁力の弱い部分にプレ移動するためです。
 横にしたとき、リトリーブするときには、磁力の強い磁石の中央部に磁着しています。これは耐久性を確保するための機構です。
 
 では、今秋~冬のシーズン、よい魚に巡り会いますように。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=303 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2RP122 | 01:51 PM | comments (6) | trackback (0) |
K2RP122、インナードットとモニターさんのこと
 写真は初回限定のインナードットカラーです。ドット部分は通常のように外側からの塗装ではなく、組み立て前に内側から手書きでの着色になります。
 8ミリほど奥の狭いスペースに色を置くので、見た目以上に作業が難しく私が担当することになりました。今日もコツコツと必殺老眼鏡二枚掛けで、ようやく9割がたはみ出さずに色を置けるようになったところです。
 というわけでこのドットマークはいつもの弊社ルアーのように一定の形をしていませんし、多数できるものでもありません。その点はご容赦下さい。
 
 それと、モニターさんからの使用報告の中に、マニュアル感が増して、楽しいという一文がありました。これは嬉しかったです。まさにK2RPが目標としたことだったからです。 
 モニターさんにはあえて私から使い方とかを指定しないで、素のままで使用した時の感想をお聞きしています。作り手の意図が黙っていても伝わるのか確かめたいこともありますが、各地のリップルポッパー使いのルアーマンの腕を信じてもいるのです。
 
 今度のリップルポッパーは飛沫を上げることも引き波も潜航も自由自在です。現行のものが自動的にこなしてしまうところを使い手の意思に沿うようにしました。
 また、現行のものはアクションを加えたとき、ルアーの水切れが良すぎてリーダー部分まで走ってしまい、糸絡みがありました。K2RPは、頭部に浅いブレーキカップを設け、腹フックの位置を後方に移動させて、糸絡みを改善してあります。
 
 そして、ここしばらくリップルポッパー系はフローティングといえど、食い込みやすいように浮力を抑えてきたのですが、K2RPは別の方法でフッキングの改善を図りました。 それは、フックの位置に重量物を置かないことで、元々抵抗のあるリーダーに近い頭部を支点にターンできるようにして、吸い込み抵抗を軽減する工夫です。つまり口にルアーの尾部から入りやすくしています。
 これによって、フッキング効率を落とさずにもう一度、フローティングらしい浮力を取り戻すことができたわけです。
 
 
 発売予定は9月の中旬ぐらいです。ではまた。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=302 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2RP122 | 01:51 PM | comments (0) | trackback (0) |
K2RPリップルポッパー現況2
 K2RPリップルポッパーは順調に育っています。このままいくと9月中旬には発売できる予定です。
 サイズ、ボリューム、重量でいうとBKRP140と115の中間ぐらいになります。
 
 外観デザインの変更点も数多いのですが、一見では分からない細かな工夫です。しかし、内部の機構は大幅に変更して、現在の技術でできる限りのことを詰め込みました。
 
 例えば、重心移動システムのウエイトの移動距離は、140が52ミリ。115が47ミリなのですが、今度のK2RPは69ミリ。内部体積からすると、言わば全身移動システムです。
 以前の設計でこれをすると、度重なる衝撃等で早々と故障したものですが、今まで培った技術を発展させて耐久性も申し分ないです。
 
 メインウエイトの移動距離を長く取ったのは、望む動きを出すため、飛距離の向上、それとアクション時に腹部フックがリーダーと絡むことを減少させるためです。フック取り付け位置を後方にズラシ、その分ウエイトを前方に寄せてバランスしています。
 
 そして、高いハードルはほとんどクリアーできたのですが、困ったことが一つ残りました。Rユニットを入れるスペースが無くなってしまったのです。
 それで写真にある工夫です。  
 実は私の設計によるものは、ほとんど全てメインウエイトを横ブレさせているのですが、これは更にジャイロ効果が出るまで拡大しました。これでRユニットの代用をさせるわけです。
 得られた動きは、デッドスロー時の生命感。初動のスムース化。そして意外と思われるかもしれませんが、重心がズレて暴れやすくなるのではなく、その逆になります。
 水面下に入ったとき、従来のリップルだと腹を見せて回転するかと見紛うばかりの派手なアクションになりました。それを必要とする入水直後はそのままに、後は振り幅を抑えたミノーのような動きになります。
 スズキにも効くのはもちろんですが、これによって後方から襲い掛かる青物のフッキングが良くなっています。
 期待していて下さい。
 
 
 ×なお今回はモニター販売を行いませんが、以前のK2Fモニターさんに限り、我こそリップルポッパー使いと自認され、他メーカーさんと関係の無い方には発売前に無料で若干数ご用意してあります。
 左下直メールでご応募していただき、当選するとお盆前ぐらいに発送できる予定です。後日、使用した感想等をお聞かせください。数に限りがあり、希望するかた全てには行き渡らないと思います。その点はご了承ください。
 ご応募お待ちしています。
×  (すみません、26日2時の時点で定数に達してしまいました。ここで締め切らせていただきます。突然の告知でたった一日だとご覧になれなかったかたも多いでしょう。理不尽ですが、魚が釣れることと同じような運だと解釈していただければありがたいです。実売時期と大きなズレは無いと思いますので、どうかご理解下さい。)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=301 |
| K-TEN SECOND GENERATION::K2RP122 | 04:35 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

 

 
合計: 3864939
今日: 336
昨日: 1006
あなたの良き思い出のために