HOME > Q&A-4
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。
 

質問 TKLM90 3種の使い分けについて
 TKLM90にはメインとなるフローティングタイプ(11g)に加えてサスペンドタイプ(12.5g)とシンキングタイプ(ワークス14g)があります。

 いただいた質問にはそれらの使い方を簡単に教えてとあったので、できるだけ簡潔に書いてみます。と言っても泳層何センチ云々とはなりませんが・・・  

 

 厳密には3種の泳層は異なりますが、元々その差は小さめなので投げた直後に同条件で巻き始めれば、どのタイプも殆どフローティングと変わらず水面直下から40センチ程度をロッド角度やスピードで調整できます。
  またリトリーブする距離とスピードによりますが、サスペンドで1mぐらい、シンキングで3mぐらいまでは実用的に狙うことができます。浮力が少ないので普通に引くだけだと距離が長くなるほど潜行していきます。根掛かりに注意してください。

 スピードを緩めたときのみ3種は浮くか、沈むか、そこに止まろうとするのか明確に分かれます。それを念頭に流れや風、ライン太さも考慮してリトリーブすればシャロー域のほとんどの状況をカヴァーできると思います。
 

 このルアーに設定が3種あるのはご自身のフィールドや魚の活性、釣り方とのより良い相性があるはずなので、それを探すためです。
 

 

 ルアーは対称魚にアタックされるように適切な位置に届くことが大切です。飛距離、泳層はもちろん、アッピール力の強弱も魚との位置関係を変化させます。 強ければ近いのと同じことになります。

 近すぎるところに重いものがバシャンと落ちれば逃げてしまうし、離れすぎていれば気付かれもしない。あるいは余計なアクションで驚かせてしまうこともあり、要はある総合的な<間合い>にルアーがあるときにのみ釣れているということです。

 対象魚にご自身のイメージした近づき方をするものが一番です。

 

 フローティングより重いシンキングは同程度の力を加えているのなら重い分、動きは鈍くなります。これは強みでも弱みでもあります。鈍いと言っても風に対抗できるようになるし、通常のシンペンタイプと比べればよく動くほうです。それにルアーを動かしすぎの方なら鈍いものに切り替えただけで反応がアップすることがあり、その反対もあるのです。
 サスペンドは水絡みは自然ですし、吸い込みは良く、ポイントをじっくり攻めることができます。

 

 内湾の河口、静かなサーフ、干潟等で殆どフローティングタイプで事足りるときでも、微妙な違いが意外にも効くことが多々あります。3種それぞれの性質を知り、ご自身との相性の良いタイプを選んで頂きたく思います。




| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=340 |
| Q&A-4 | 09:48 PM | comments (0) | trackback (0) |
レッドヘッドというカラーについて。
 Kさんから質問です。
 
 ・・略・・レッドヘッドなのですがどのルアーにも含まれる基本カラーとなっておりますが・・・ナチュラルカラーは魚のイミテートだと分かるし納得できるのですが、レッドヘッドは、水の中だと赤色は減退色、白は膨張色で真逆の色を使った組み合わせになってますよね。
 この組み合わせに意味があるのか、以前より不思議に思っておりました。・・略・・何故このカラーが定番なのか教えてください。
 
 
 お答えします。
 
 レッドヘッドのカラーについては諸説あります。例えば魚が後方から見たとき、エラの赤い色に見えるんだとか、夜は後ろの明るい部分だけが見えて、小さめのルアーに錯覚させるんだとか、それこそ色々です。
 いずれにしても長年どのメーカーにも定番カラーとして存在していることから、特別待遇のカラーと言えます。普通、メーカーは人気が無くなり、売れ残りが目立つカラーだと廃番にしたくなるのですが、このカラーは比較的安定した需要があるのです。
 
 初めは派手すぎるカラーに戸惑っていても使ってみると平気で釣れてしまいます。たまに他色を超える反応を見せることもあり、視認性の良さもあります。その玩具感のあるルアーらしさに魅かれることもあるでしょう。これらは主に使用側が求める理由になっています。
 
 
 では魚側からしたらどうでしょう?
 実はずっと以前、釣るには全く問題なかったのでブラックヘッドも市販したことがありますが、ほとんど人気が無くそれきりになってしまいました。
 
 ここからは、一つの説としてお読みください。実験考察してみると、どうも前後に明暗を分けたことに意味があるように思えました。 
 リップ付のミノーは泳ぐとき、尻尾を振っているように見えますが、このとき頭部も何分の一かで振れています。支点、つまり動かない部分が丁度レッドヘッドの色分けした位置ぐらいにあるのです。
 ところが実際の魚は頭部をそんなに激しくは振りません。その点、リップ付のミノーの動きは変なのです。レッドヘッドの赤い部分は、この変な部分を見えづらくするのに役立っているのかもしれません。目立つのは後半部分が主ですから。
 リアルカラーとは掛け離れているようで、案外ナチュラルカラーでもあるということです。
 
 ちなみにミノータイプのレッドヘッドの赤い部分を取り去るとどこかで見た形のルアーになります。TKLMです。これは頭部が支点のルアーで、その点はリップ付ミノーの胴部支点と異なります。ただし、一概にどちらが優れているとはいえません。ルアーにとって違和感はアッピールという武器にもなるからです。
 形において違和感のあるリップレスが泳ぎにおいてナチュラルであったり、色において違和感のあるレッドヘッドが、よりナチュラルな動きに見せてくれることもあるのです。
 
 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=297 |
| Q&A-4 | 04:09 PM | comments (0) | trackback (0) |
質問 Mの刻印、ネーミングについて
 お待たせしました。青森県のIさんからの質問です。

 ~略~先日、M148のクリアカラーを見ていたところ、ヘッドに向かって右側に「AYOT」という刻印があるのを見つけました。148のクリアカラーは、ピンクヘッド、ブルーヘッド、シラスと3本持っているのですが、すべてにこの刻印がありました。BO、K2に刻まれた「あの言葉」は知っていますが、この刻印には何か意味があるのでしょうか。
 そして、「M」という名称は、「Minnow」の頭文字から取ったのでしょうか?略~
 
 お答えします。
 M148の刻印に気付かれた方は少ないと思います。ルアーをじっくりご覧いただいたことに感謝します。
 「AYOT」という文字はベタすぎて内緒にしておいたのですが、AあなたのY良きO思い出のTために、の略になります。
 そのままでは刻印可能なスペースに入らなかったので仕方なく略しました。ルアーによってはスペースが元々無く、また、型から抜くとき浮き出ている文字に引っ掛かる恐れのあるところには刻印できないのです。
 刻印の無いものでも気持ちでは入れているつもりです。

 ちなみに左右のどちらかに刻印する場合、電子バカリで左右部品の微小な誤差を計り、軽いほうに入れています。


 続いてMの名前の由来ですが、当時の広報Oとこのルアーのコンセプトを話し合っていたとき、キーワードにやたらと頭文字のMが登場していたので決めました。
 もちろんミノーのMでもありますが、他にモジュールワイヤー、マグネティックタングステン、メソッド、モード、モーション、マトリックス等があります。それと製品の無名性は私好みでした。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=296 |
| Q&A-4 | 05:17 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

 

 
合計: 3804070
今日: 243
昨日: 654
あなたの良き思い出のために