HOME > OTHER-5
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。
 

餌の大小から
 外部の研究所以外で、自宅で飼育したことのある魚は、金魚、鮒、鯉、タナゴ、イワナ、プラックバス、メジナ、メバル、セイゴ、石鯛、イシガキ等でした。
 一時期五つぐらいあった水槽は、その後欲しいという方に譲って、現在は庭で繁殖をほぼ自然サイクルに任せているメダカしかいません。
 
 飼っていたときは餌の調達に苦労したものです。特にバスと岩魚、セイゴは底無しの食欲で、短期間にグングン大きくなりました。 与える量を調節すればよかったのですが、摂食行動を見るのが面白いのと、私が傍に寄るだけで餌欲しさに大暴れするので、つい餌を与え過ぎてしまいました。
 
 餌は人工のものでも食べますが、最初から喜んで食べたのはやはり生き餌でした。近所の川で釣った小魚類で足りない時は金魚やモエビを買って与えていたので、食事代が私より掛かったのです。
 そこで試しに釣ってきたシイラなどの大型魚の刺身を与えてみたところ、セイゴはダメでしたがバスと岩魚は慣れてくるとバクバク食べるようになりました。その量たるや一日で人間の一人前ぐらいペロリです。
 こうなると動いて逃げ回る小魚には目もくれず、まず刺身に飛びつくようになりました。あっという間にランカーです。
 
 
 その間に気付いたことがあります。
 魚って環境が許せばやはり楽を取るのだということと、餌の種類によって、次に摂餌行動をする時間が変わることでした。
 やっと口に入るほど大きな鮒を食べたときは、次に餌を求めるまでの時間が長くなり、同重量の小さな餌か刺身のほうが、明らかに短くなるのです。
 
 生物は腹が空いたときに食べるという原則からして、咀嚼機能の無い魚は、初めから細かく分断された餌や、胃液の沁み込みやすい餌の方が消化が早く済むからだと思われます。 これは生命維持の説明の中にたまに見かける、一回の行動で(エネルギーロス最小で)大きめな食物を取るのが効率的とかいう話の補足になります。
 シロナガスクジラを例にあげなくても、同重量の餌なら小さいものを沢山食べたほうが、大きくなるのには有利ということになるのです。
 
 これらのことを実際のルアー釣りに当てはめると、何故シラスに狂う魚がいるのか。何故今日は活性の高い時合が短いのか。少しだけ疑問が解けたような気がしました。
 
 釣りができる環境には潮温とか潮位、溶存酸素量とか多くの環境変化をもたらす要因があって、その上年間計画があるがごとくの産卵行動まで重なるのですから、あまりに単純化するのは賛成できません。しかし確かなこともあるのです。
 
 それでは大きなルアーより、小さなルアーのほうが有利なのか?ここからはそう単純ではありません。
 まず小さなルアーが大量にあるということが有り得ません。シラス級の小さな餌を捕っている群れに同サイズのルアーを投げても多くの場合で本物に紛れてしまうことになります。双方にとって適量な場合のみ効果を発揮できることになります。
 だからシラス追いで狂っているカツオやスズキ等を狙うときは、適度な大きさのポッパータイプのほうが理に適っています。水面を滑らせて水飛沫を上げることができるので、大量のシラスという現象そのものを演出できるルアータイプだからです。
 
 反対に大き目のコノシロ等を捕食しているときは、それぞれの一匹の時合は短いと覚悟しておくことになります。これに近いルアーサイズだと、本物に紛れることは滅多にありませんから、その点は有利なので常に新たな一匹を求めるような釣りになります。
 
 我々にありがたいというか、都合のよいときは、やはりターゲットが使いたいルアーサイズに似通った小魚を追っているときでしょう。それでも大量に居過ぎるときは苦戦必死なのは経験の示すところです。
 何事にも適量が求めるところなのでしょう。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=289 |
| OTHER-5 | 09:10 PM | comments (2) | trackback (0) |
メガフロート
 清水港で海釣り公園として使われていた「メガフロート」が、改造のため寄港していた横浜から、15日朝出港したとありました。
 目的は福島原発から出る大量の汚染水を一時的に収容することと聞いています。
 
 しかし、あの低濃度と言い張って確認もできないまま海に垂れ流した汚染水一万トンに間に合ったのならばまだしも、今更これを使おうとするのはリスクが大きすぎます。
 必要な改造を施すと言うから注目していたのですが、どうも配管等の内部処理が主で、全体強度はあまり上がっていない模様です。
 
 元々、浮かべて使う用途のもので、内部に水を入れて使うものではないでしょう。内部に液体を入れる専用設計の巨大タンカーでさえ、周期の大きな波を跨ぐと折れてしまうぐらいの応力が掛かるときがあるというのに。
 喫水の低さやコスト上のことで採用するとしたら、ついでに幾つかの幸運も用意しないとなりません。
 これをすぐ側の沖に浮かべている間、または保管待機している間、まず地震による津波は無い´はず`だし、強い台風も来ない´はず`だし、人為的ミスも無いはずなのでしょう。
 
 これまでの原発事故の後処理がもう少し納得できるものであればよいのですが、徐々に明るみに出てきたことを知ると心配にもなります。
 
 延々と続いている炉への注水ですが、その途方もない分量は、施設内にある全水量と釣り合っていません。未だに地下か海に漏れていることは明白なのに、調査中というばかり。
 それらの行為の延長にメガフロートもあるのだと思うと、ウンザリもします。
 
 また汚染具合を知りたい海域があっても調べようもなく、せっかく外国から調査の申し出があっても政府高官が無理難題を突き付けて断っている始末。
 どうやら誰かは詳しく量りたくないようです。
 
 
 それでも千葉の海を眺めていると、釣り人もサーファーも以前に近く戻ってきているし、少なくともスズキの釣れ具合は平年並みといったところです。
 この二ヶ月で溜め込んだ知識を忘れることができれば、このまま長閑な海を見ていられるのですが…。
 
 そしてこれから海に起きることに理性をもって対処していこうとする自分が確かにいるのですが、どうも身体のほうは頭に着いてこられない部分があるらしく、ここしばらくはあちこち不調でした。
 
 先日はいきなり右下腹部に走った激痛に、たまらず深夜ながら病院に飛び込みました。一服する余裕もないのは初めてのことです。痛みが続いている間、これ、海の痛みなのじゃないかって何度思ったことか。 
 で、診断は腎臓結石。身体の中にできた異物が暴れたわけです。これは治療すれば治りますのでご心配なく。
 
 
 
 
 追記、というわけでせっかくいただいた直メールの返事が遅れてしまったのが何件かありました。もう大丈夫です。
 返事を書かないということは絶対無いので、もし着かないようならばお手数ですが、もう一度よろしくお願いします。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=273 |
| OTHER-5 | 12:24 AM | comments (0) | trackback (0) |
その後
 東日本大震災からひと月経ちました。あらためて災害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。
 
 今朝は自宅に近い海でも大きめの余震が頻発しており、せっかく片付けた部屋の小物がまた散乱してしまいました。
 このひと月は震災に対して自分のできることはしたきたつもりですが、未だ先がありそうです。
 
 仕事上全国に知人がいて、直接被災した方と話したりすると、私の居る場所の東と西では心情に大きな温度差があることが解ります。
 被災地の友人からは、お互いの無事を喜んだ後、今は海の話題すら聞くのが苦痛だと言われ、途方に暮れました。
 一方、西の友人からは早々と釣果報告などが寄せられ、気の沈んだ私を元気付けてくれました。西の元気が早く東に波及するようになって欲しいものです。
 
 
 そして原発事故に対する私の認識は、先月16日から変わっていないのですが、今日、選挙が終わったタイミングで今更ながら事故レベルの評価が暫定7に引き上げられました。
 被災当初、4としたのは誰かの思惑からなので根拠が薄く、ついに誤魔化しが効かなくなったということでしょう。
 この間、このブログでも以前何回か取り上げたように、頭の良い人達が‘想定外’を多用し、平気で‘数値の分母のほうをいじる’ということを繰り返し見ました。放射線の安全基準値ですら、いつのまにか切り上げています。
 毎日顔を見る、政府の‘弁護士’がやがてある裁判を見越したように言葉を選んでいるのは感心するばかりです。しかし、平時には際立つであろう姑息な言質は、有事に用いていけません。混乱を助長してしまいます。
 
   海のこと
 学者とは異なる視点から海を見てきた者のひとりとして、私が驚嘆したのは、この一ヶ月の風向です。
 三寒四温の春としては奇跡とも言えるほど都合の良い方向に吹いていました。まるで国土国民を守るかのようにです。残念なことに水素爆発のあった日、水道水の汚染があった日など数日は例外ですが、それでも全体的に海側に風が流れていたのです。多量の放射性物質を含んだ風は海が受け止めていました。
 
 それは確かに国土国民のためには好都合でしたが、私には汚れる一方の海を見つめながら、まるで人質を取られているかのように何もできず、辛かったです。
 それに海洋の汚染濃度を東電が調べたのは事故後一週間も経ってからでした。事故後早い段階で160キロ離れた沖合に待機していた米空母はさっさと退避していたというのに。 後日分母のはっきりしない低濃度の汚染水を一万トン海に捨てる発想の元は‘量らなかった’あのとき、既にありました。
 
 これからは海への影響も検証が進むでしょう。ここで予想を書くことは控えますが、何があっても私は海を離れる気はありません。付き合い方を変えるだけです。
 
 タックルハウスは会社としてできることを今後も続行していきますが、私には何ができるのだろう?
 黙っていようとも考えましたが、やはりこのブログがある以上、お知らせすることにしました。
 ささやかなことですが、私が一本売れるごとにいただいているK2F142、K2F,S122の歩合分の全てを六ヶ月間、義援金とすることにしました。
 会社の担当から直に日本赤十字か震災孤児支援関係に送金するようになっています。
 
 (幸運にも震災に遭わずに済んだ皆さんが大いに釣りを楽しめますように。私ももうすぐ後を追います。) 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=271 |
| OTHER-5 | 09:47 PM | comments (0) | trackback (0) |
震災と原発
 次々と報道される震災の実態に心が痛みます。
 犠牲になった方々とご遺族にお悔やみを申し上げます。
 また、被災された皆様には早く必要な物資と配慮が届きますよう願ってやみません。
 
 未曾有の大惨事を前に一個人が何をできるのか考えると無力感に囚われますが、現在は呼び掛けに応じて募金等の手段があります。
 それと、どうしても‘できること’に注意を奪われがちですが、こういうときは‘しないこと’にも留意したいものです。
 
 昨日はガソリン、灯油、食料をいつもの分量だけ買おうとしたのですが、ほとんど売り切れでした。店員に聞くと、目の色を変えて買い占めていった人達がいたとのこと。
 水のペットボトルなど一家族に何本という張り紙がしてあっても、並び直してまで買っていくのだとか。どうかしています。
 世の中、基本一定の物資しか出回っていませんから、そのようなことをしたら本当に必要な所に行かなくなってしまいます。豊かなときにはダイエットを叫びながら、ここへ来て食べまくる気なのでしょうか。今こそ役立つダイエットのチャンスだと思うのですが。
 
 というわけで、私は何も買わずにしばらく過ごすことにしました。タバコがあれば不満はありません。ちょうどエアコンも壊れたようなので、これもしばらくこのままにしようと思います。
 
 
 そして未だ心配なのは原発事故のほうです。
 TVでは政府や東電関係者、専門家が‘今は人体に影響がない’と連呼していますが、事故後の発電所の映像や次々重なる‘想定外’の出来事と整合していません。これでは不安に耐えられない人が出ても仕方ないです。
 大半のTVは矛盾に気付きながらも大口スポンサーである東電への配慮からか、いつもの舌鋒の鋭さがありません。
 
 それにしてもあれほど安全を誇った原発のバックアップシステムの一部が海側に、ほぼ剥き出しで設置されていたことに驚きました。
 得意の‘想定外’で済まされそうですが、今度のことで想定内になったわけだから、今日から即刻、他の原発の剥き出しのバックアップ施設を分散移設するか、丈夫な壁で囲むべきです。
 
 事故当初から政府と東電の対応に閉口してきましたが、原発近くから避難している方々や現場で実際に作業されている方々がとても心配です。
 既に現場は人体を害する量の放射能に侵されているとのこと。どう考えても過酷な状況です。
 しかしこのまま悪化させるのは絶対に避けねばならない。私が信じているのは政府の対策というより人間の底力のほうです。現場で作業をされている方々といってもいい。困難のときには必ず覚悟を持った人間が現れることを見てきたからです。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=270 |
| OTHER-5 | 04:08 PM | comments (2) | trackback (0) |
壊れたガイド
 昨日はタックルハウスで会議。
 スケジュールの確認をすると、今年も多忙になるのは必至のようです。
 発表はまだ先ですが、K2の新作やニューブランドを用意しているので楽しみにしていて下さい。
 
 
 そして今日はやることがたくさんあるのに何故か朝から釣り道具の整理なんか始めてしまい、今も終わっていません。何しろ分量が…。
 
 中には何年、何十年と使っていないロッドがあり、チェックしてみるとガイドの金属部分がサビで割れているものが何セットか見つかりました。買ったときの値段をすぐ思い出せるような高額品も。泣。
 
 私の取り扱いが悪かったとするのが順当なのですが、こうなった経緯を考えると別の反省点が見えてきます。
 同時にこれをやっておけば大丈夫という確認もできたので記しておきたいと思います。
 
 ガイドの状態が悪くなってしまったもの(写真上、解りやすいので磯竿を例にしました。)は、普通に洗った後、部屋の奥に保管してありました。もっと徹底して洗浄していれば良かったのですが、さすがは塩化ナトリュウム、僅かの隙を逃さず長い間に部屋の湿気を吸い悪さをしたみたいです。
 
 一方、同年代に入手したロッドでも全く痛んでいないものもたくさんありました。こちらは使用頻度が高かったことと、もうひとつガイドに簡単にある処理をしていました。使用後の洗浄の仕方は同じはずなのに問題無し。
 
 ある処理とは未使用あるいはよく洗って乾燥させた後、油性ペイントマーカー(百円ぐらいの銀とか金の)を、SICリングの縁に沿って金属枠と接している部分に塗ることです。(写真下。)
 
 仲間にも勧めていた方法で、定期的に処理するだけでいいかげんな洗浄でもサビや腐食の発生を抑えられます。この用途に限り、アロンやエポキシ(塗膜がヤセたり変質して剥がれてくる)、それにワックスより優れているようです。ただしこれをやると新品のロッドが汚く見えてしまうのが欠点でした。
 
 だからでしょう。美品のまま保ちたくて高額のロッドの何本かにこの処理をしていなかったのです。気持ちと裏腹な結果を招いたわけです。
 今思えば保管場所ももう少し風通しのよいところにすべきでした。
 
 この数年で普及著しいチタン合金製のガイドならばほとんど心配ないのですが、それ以外の材質のガイドは、手軽で安価な‐油性‐ペイントマーカー処理はお勧めです。実験済みデス。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=268 |
| OTHER-5 | 07:46 PM | comments (0) | trackback (0) |
健在
 ようやく春の兆しが目立つようになってきました。房総の海岸通りを走っていると、色とりどりの花々が日毎に増えて和みます。
 
 先週末はサーフショップJ`sのOさんが世話人となっている房総シーバスチャレンジの納会でした。
 Oさんは私と同級。サーフィンとルアー。それぞれ別の道を歩んできたように見えますが、海へ向かう気持ちは元々同じ。互いの友人も重なります。
 
 この大会はある程度長期に渡るため、その年の房総の姿を直に知ることになり、いつも結果を楽しみにしています。
 そして、いつものように釣れない日があり、稀に見る大釣りがあったりとムラがありますが、終えてみれば充分の釣果とサイズ。房総は健在でした。地元組としては、これを確信できることが一番嬉しいわけです。
 
 また、旧知の仲間に会えるのも楽しみ。私より年長のルアーマンもいますが皆さんお元気。長く生きていると、双方それぞれに色々あることは承知。語らずとも解ります。
 
 ヒラスズキ部門のトップはSさん。その魚に出会うまでの詳細を聞くと、やはり必然のドラマがありました。(プライベートなことを含むので割愛します。)
 
 以前少し書いたことがありますが、魚と人間、双方が勝手に動き回っているはずなのに、ある時、絶妙のタイミングで交わる一瞬があるのです。
 他人の例を聞くまでもなく、自分が極めつけの一匹に会えたとき、時間を順々に遡ってひとつひとつの行動を思い返してみて下さい。何でその日に釣りに行くことになったのか、までです。
 その魚に会う本当のキッカケを知ったとき不思議な感じがするはず。
 
 納会終了間際、ロッド等をかけたジャンケン大会があったのですが、鮮やかに勝ち抜いてみせたのは、やはりSさんなのでした。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=266 |
| OTHER-5 | 01:39 PM | comments (2) | trackback (0) |
想定外
 
 寒い日が続いています。
 太平洋側の海沿いでは滅多に降雪は無いのですが、先日の早朝には小雪が舞っていました。その中を友人が釣りの帰りに立ち寄ってくれて、しばしの四方山話となりました。
 
 通常なら二の足を踏むような日でも、スズキはしっかりと出てくれたようです。寒空の中、行動した者に福来たる、です。
 もっとも、彼は自らハードルを上げて釣りにくい方法で楽しんでいるからバラシてばかり。この日も良いサイズを捕り逃してニガ笑いしていました。
 
 彼からは閲覧可能な海況データの中のひとつがなかなか役立つことを教えて貰い、現在検証中です。さすが学生時代は物理学専攻、納得の意見でした。
 
 話はその後、車や建物の強度について、になります。
 建築ならば、有名なあの建造物はいずれ倒れるんじゃないかとか、太古に人類が作った建造物で、末広がり以外の、四角くて高い建物は現存していないことから、今ある大きなビルも消耗品で、500年後に残っているのは相変わらずピラミッド、とか。お互いビル建設現場に関わったことがあり、耐用年数とか本当に想定通りいくのか心配なわけです。
 
 この頃は、想定外、という言葉をよく聞きます。曰く想定外の降水量、同じく想定外の力が掛かった云々。それで壊れた、決壊した、溢れたと。田舎はともかくインフラの整っているはずの大都市圏でも盛んに聞くようになりました。
 そんなに想定外があっていいの?という感じ。経済的な事由が最優先されている限り、いつまでも続きそうです。
 
 また当然話はロッドやルアー、ラインの強度に移ります。
 ちょうど次作K2Fのワイヤーの取り回しを考えていたときなので、刺激になります。ワイヤーも常に想定外の力に晒されるものですが、ここは想定、しなければなりません。確かにコスト的には厳しい。たかがワイヤー、でも全力で設計しましょう。消耗品にも誇りはあります。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=265 |
| OTHER-5 | 01:45 PM | comments (0) | trackback (0) |
かつての若者の集い
 昨日で恒例の正月行事(飲み会が多い)を終えて、今日からはしばらくよく働いてくれた肝臓を労ってやるつもりです。

 シメの会合はやはり自宅飲み会専用部屋での釣り仲間の集いになりました。
 友人からいただいた貴重なシシ肉やシカ肉に、それに相応しい食材を加えて手間を掛けて調理。元々の肉の部位や下処理が素晴らしかったせいもあり、クチの肥えた友人達をうならせる程の味になりました。
 今宵だけはカロリー制限を忘れましょう。

 かつての若者が集って、飲みながらたわいのない話や釣り談義をすると、たまに同じ話が繰り返されることがありますが、(笑)それはよく練られた落語を聞いているようでもあり、幸せな気持ちになるものです。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=264 |
| OTHER-5 | 12:26 AM | comments (4) | trackback (0) |
新年
 あけましておめでとうございます。

 旧年中は、たいへんお世話になりました。
 今年もさらに良いルアーを製作できるようにスタッフ一同頑張りますので、よろしくお願い致します。

 そして、皆様の健康と釣運に恵まれる年になりますよう、お祈り申し上げます。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=263 |
| OTHER-5 | 11:01 PM | comments (4) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

 

 
合計: 3826148
今日: 239
昨日: 827
あなたの良き思い出のために