HOME > アイテムいろいろ-1
■CATEGORIES■
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■

K-TEN系のご質問ご意見はこちらまで
 
kten@green.ocn.ne.jp
 
その他タックルハウス製品のご質問ご意見はこちらまで
 
media@tacklehouse.co.jp
 
スパムメール防止のためリンクを張っておりません。
お手数ですがメーラーにコピー&ペーストでお願いいたします。
 

ザイル
 写真は高校生の時に買った、ドイツ製の11ミリ径ナイロンザイルです。
 一般ロープ類より厳しい規準に則って製造される登山用は、ザイルと称され、けっこう値が張ります。
 アルバイト一ヶ月分をかけて購入したとき、嬉しくて校舎の三階から滑車を使って滑り降りたりしていました。ほとんど落下という、その様子が8ミリフィルムに撮ってあり、我ながらムチャするなぁと、今頃になって反省しています。
 
 あれから……。何度も引っ越しがあり、嵩張って邪魔なので、その度に処分するか悩んだのですが、結局未だ捨てておりません。
 40メートルのはずのザイルは、数メートル伸びています。この場合、増えたと喜んではいけません。衝撃を吸収した名残なので、とうに本来の性能は失われている証だからです。
 
 釣りのナイロンラインで、魚と一時間以上、ドラグが効きまくりのファイトをすると、特にスピニングではチリチリになって、見た目も二度と使う気にはなれないものです。
 しかし、ザイルは表面がいくら綺麗でも、内部にダメージが残っていれば、魚が逃げるのとは訳の違う結果をもたらします。
 
 このザイルは、その能力のありったけを発揮して、まだ未熟な二人の命を救ってくれました。後年、その内の一人は約束通り医者になり、たくさんの人を助けることになります。そして、もう一人のほうは、何故かたくさんの魚を釣ることになりました。
 
 登山用ザイルは、強いに越したことはないのに、PE製品は使われず、相変わらずナイロンです。理由は幾つかあるのですが主に衝撃を吸収する必要があるからです。
 登山のエキスパートからは、これでお互いを繋いだとき、慣れてくると相手の心の動きまで解るようになると言われましたが、残念なことに私は其処まで達することなく、これをフルに必要とする登山からは身を引きました。

 その代わり、長い年月をかけて今はルアーラインの先から、手許にビンビン伝わる何かに感じ入っています。確かに繋がっている先にはイノチがいます。
 それは魚に過ぎませんが、それだけではないことも薄々気付いてはいるのです。もしかしたら、自分が引いて釣っているというのは錯覚で、引かれているのは自分のほうなのかもしれません。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=160 |
| アイテムいろいろ-1 | 12:57 AM | comments (2) | trackback (0) |
ウエットスーツ
 友人の薦めに従って、ヒラ専用のオーダーウエットに替えてから暫く経ちました。それまでダイビング用の堅い古いタイプを着用していたので、羽が生えたかのように動きが軽くなりました。
 それに裏が起毛してあり、快適な暖かさに包まれて、冬でも苦になりません。
 
 ウエットと聞くと、泳いで沖根に渡るというイメージがありますが、房総ではそんな使い方をしている方は少ないです。それに、大抵の好ポイントといわれる沖根は渡船業者が権利を持ち、立ち入ることは問題になります。
 元々、平均的に磯が低いので、たまに石鯛師も着用しています。
 ウエーダーだと180センチ足長の方だと余裕で渡れ、背の低い方だと無理というような微妙な所がけっこうあります。不公平ですよね。
 私も10年ぐらい前までは、気楽にウエーダーで渡れる所を好んでいたのですが、さすがにこの頃ではルアーマンが増え、ポイントの選択幅が狭くなってしまうので、ウエットの比率が増えました。 全員ウエーダーだとポイント渋滞が起きそうなところがあり、多くの釣り人を分散させる意味でも役立っています。
 
 だから、今後必要なのは、相互のマナーでしょう。ウエットはウエーダーに比べて有利な分、ウエーダー組に気を使わなければなりません。彼等のルアーや仕掛の前方射程範囲にドカドカ入ることは避けるべきだし、挨拶し合うことも大切になってきます。
 
 そして勿論、しっかりベストを併用してのウエットのメリットは安全面にあります。
 ウエーダーでギリギリ耐えられる、足下を洗う波は、身体にフィットしたウエットやタイツだと余裕です。ただし、その余裕は限界値を上げることになり、ウエットでさえ耐えられない波を食らえば、取り返しのつかないことに繋がります。油断は禁物です。
 
 また、私が各地へ出掛けて、周りが全員ウエーダーのときでもウエットを着用することがあります。磯の高さは充分あっても、大荒れの中で万一誰かが落ちても救助出来るようにするためです。
 ウエーダーで海に飛び込むのは自殺行為ですが、泳力のある人のウエットなら何とかなる場合があります。
 
 それなら荒れているときは、やらなきゃいいじゃないの、という声が聞こえてきそうです。一般常識で言えばその通りです。
 この辺は趣味の領域になるのです。危険全てを取り払うことは可能かもしれませんが、幸いまだ法律で縛られてはおりません。(ローカルルールがあれば尊重しなくてはなりませんが)
 海では荒れたら禁止、山では岩登りは禁止、スキーでは急斜面は禁止、サーフィンでは大きい波は禁止。そうなったら安全この上ないですが、少なくとも私みたいな人間は、人生を謳歌できなくなります。そして、ルアーを作ることも…。 
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=159 |
| アイテムいろいろ-1 | 09:08 PM | comments (0) | trackback (0) |
百円ライター
 先日、若手から「これ何ですか?」と自室の傍らにあった、フックと太いラインの妙な仕掛けのことを聞かれました。私、「それ、何でもルアーにする奴」A君、「?」時間が無かったので説明不足だったようです。
 
 これ(写真)確か20年近く前に、シイラの講習会で使ったものです。
 その頃、まだ発展途上にあったソルトルアー業界の中堅メーカー数社の協力により、毎夏、紀州のヤマハリゾートでシイラ釣り大会をやっていました。
 参加者を全国から募集し、リゾートらしい食事と宿泊がセットされ、夜には講習会がありました。講師にはKさん、Hさん他先達の方々にお願いして、私もルアーの作り手として、お話させて頂きました。
 講習会といっても、当時遠くからオフショアを求めて集まる皆さんですから、聞き手もほとんどベテラン揃いでした。私もまだ三十代。回数は多くても経験年数はたいして変わりがありません。
 そこで、タクティクスではなく、ルアー論のようなことを話しました。内容は、生餌と空き缶という両極の間で、ルアーはどの位置にあるのか?またそれがルアーの有利、不利にどう繋がるのかといったことだったと思います。自分はそのド真ん中を狙っているとも言いました。
 
 その教材として使ったのが、あの仕掛けでした。これを身近にある百円ライターとか調味料の小瓶に、テープや糸で固定するだけで、即席ルアーの出来上がりです。これで海面をスプラッシュしてくれば、活性の高いシイラなら充分釣れると。希望する方に試して貰いました。
 
 けっしてシイラをバカにしているわけではありません。どんな優秀なルアーを使ったところで、使い手によって、釣る人もいれば、駄目な人もいます。また活性次第で様々な反応を見せてくれるのがシイラの素晴らしいところでもあります。シイラにおいて、その理由を実地で経験して欲しかったのです。
 それは、どのルアーが釣れるの?とか最強は?とかの質問を度々聞いていたので、ちょっと荒療治ですが、実は経験を一挙に倍増させる方法を示したつもりでした。
 状況的に、シイラは目で見て釣ることができる貴重な魚です。しかし、それ故にせっかく追ってきたシイラを見ると、親切にも喰い易いようにリールを巻く手を緩めてしまう方が多いものです。見切られたとルアーのせいにしがちです。
 
 即席瓶ルアーでは、追わせることすら気を遣い、考えなくてはなりません。しかし、これで追わせ、釣れるようになったとき、当然、まともなルアーに替えてみると、それまでより楽に釣れることになります。
 講師のKさんはさすがでした。それ貸してと一言。赤唐辛子の瓶ルアーを持って行き、さっそく釣ってきました。それを見た方は、目が覚めたと言ってくれました。
 さらにハードルを上げた190ミリリットルのコーヒー缶ルアーを欲しい人と挙手をお願いしたところ、7~8名いたので、翌年お渡ししたことを覚えています。 … ( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=154 |
| アイテムいろいろ-1 | 09:23 PM | comments (2) | trackback (0) |
灰皿
 スモーカーには生きづらい世の中になりました。各交通機関での禁煙はまだしも、都市部では外でも吸えない所が増えてきました。
 百害あって一利無しとか、副流煙の被害などマイナス要因をさんざん聞かされてきたので、マナーには留意していても肩身は狭くなる一方です。
 
 喫煙歴三十余年。軽く見積もっても50万本以上。一千万円を煙にしていることになります。その内、税金は六割だから六百万円。これから先のある若い人に戒めとして、この数字を残しておきます。 
 以前は部屋の壁にベンツ一台がヤニになって張り付いていると思うと気が遠くなったものですが、一方で、一生掛かってもフェラーリ一台、煙に出来ないとはクヤシイ気持ちも涌いてきます。
 
 我が家の仕事部屋の西側の、元、白い壁には、全面にルアーを掛けているのですが、当然のごとく全部ヤニまみれです。
 先日地震があった時に、ルアーがガサガサと揺れていたのですが、その光景に妙に感心してしまいました。ルアーの影になる部分にはヤニが付いていないので、壁の未だ白い部分が揺れで覗き、一斉に明滅しているのでした。綺麗。
 
 そんな我が家ですから、タバコを吸わない人にとっては不要品が山と在ります。 百円ライターはワンカートン(12箱)買うとオマケにくれるので、もしも火事になったら家が爆発しそうです。
 灰皿だって、携帯用も数えれば50個はあるはずです。写真は、その中でも愛用の四点。流紋焼き二種、片方は茶器を改造したもので大容量が気に入っています。
 真鍮と木で造られた灰皿はインドで買った物。辺地でタバコを捜すと、たいていハッシッシを勧めてくるので困ったものです。
 
 信楽焼の茶器は立派な箱付きの銘入りながら、飾るより実用とばかりに思い切って灰皿として使っています。以前、酔った友人の奥様が落としてバラバラになり、私だけが茫然としたことがありましたが、今は復活しています。落とした本人はただの脆い安物灰皿と思っています。
 復活できたのは、破片を捨てようとゴミの日を待っていたとき、偶然、チャンツィイー主演の映画、「初恋のきた道」を見たからです。その中で、壊れた陶食器を金具を使って器用に直すシーンがありました。そのエピソードからはチャンイーモウ監督(北京五輪開会、閉会式を演出した人)がわざわざ入れただけあって、とても心地良い感じを受けました。
 
 そこで私もバラバラになった器を直すことにしたのです。ただしアロンアルファで。
 オークション的な価値はゼロになりましたが、釣り仲間との語らいを数百も共にした思い出いっぱいの品物です。
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=151 |
| アイテムいろいろ-1 | 06:56 PM | comments (0) | trackback (0) |
プラパズル「ヘプタモンド」
 これ、やっぱり趣味なんだろーか?
大昔からあるテンヨー社製のプラパズル。決められた形のケースの中に、全ピースを埋めるだけの単純なパズルです。
 小学生の頃から家族で気が向くとやっていたのですが、今から思うと、私は毎年というより平均七年周期ぐらいのスパンで集中して取り組んでいたようです。
 
 ネットで調べると、今でも売られているから、とても息の長いパズルゲームです。
 その割にルービックキューブのようなブームになったことは聞いたことがありません。たぶん、キューブのように解法があって、それを知れば誰にでも出来るというものではなく(キューブはスピード競技になっている)見た目のインパクトも無いからでしょう。
 
 私が好んでやるのは、小学生の時は№24、今ではヘプタモンドと呼ばれている、プラパズルシリーズの中の最高難度のものです。
 ひとつのピースが正三角形7個の集合体で、全24種類のピースをケースに収めるだけなのですが、その入れ方、組み合わせは説明書に10万通り以上と書いてあります。これにはコツがありますが、キューブのようなマニュアルが無いので、普通にやると二度と同じ組み合わせは出来ません。
 
 中学生の時、ひとつのベースになる組み合わせを作り、その中で相似形、反転形などを駆使して、僅かに並べ替えてみるだけで数千通りになることに気付きました。これは10万通りどころか、もしかすると、とんでもない数の組み合わせパターンがあるのではないか?と薄々感じていたのです。
 
 そして年月が過ぎ、同じ疑問を持った人達がいたようです。(ネットは便利)2007年2月までに、ある大学の高性能コンピュータで、一千億通り!以上の組み合わせがあることが推定されたそうです。結局、正確な数はまだ解明されていません。
 たった24個のピースが織りなす無限に近い、星の数ほどの組み合わせ。その数はヘプタモンドが他の形式パズルを圧倒しているのです。ピースの要素が、変形を許さない最も強固な三角形であるのに不思議というしかありません。…  ( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=121 |
| アイテムいろいろ-1 | 01:44 PM | comments (0) | trackback (0) |
携帯風速計
 写真は携帯風速計。30秒間、風に晒してからストップすると、平均風速がm単位で計れます。
 BKF誕生以前、試行錯誤中だった重心移動システムの効果を、正確に知るために必要としました。
 ルアーの飛距離を計測する前に、これを聖火を掲げるように、あるいはウルトラマンが変身するときのような姿で30秒間静止して風速を計ったのです。
 
 実際使用すると、風には息というものがあり、常に一定に吹いてはいません。方向も変化します。 
 ところがルアーを投げるのは一瞬のこと。今投げたルアーの飛びが、風速何mのときのものだったか、計ることは存外に難しい。ルアーを投げながら確かめると、かえって正確さが失われるのです。 結局、ひたすら風速計を持ち続け、計測器の数値を体感で覚えることにしました。人間風速計になったのです。  ( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=99 |
| アイテムいろいろ-1 | 08:37 PM | comments (6) | trackback (0) |
家電エレジィ
 5年と少々前に購入したブラウン管HVTVが壊れました。買ったとき、5年の長期保証を付けたのに期限切れ後。運悪い。
 現時点では、まだ最新の液晶TVより画質が優れていたので、まず修理をお願いしました。欠点は大きく重いだけだったからです。
 しかし、係の人は主要部品の交換になり、結構な費用を提示してきます。半世紀も歴史があるブラウン管のひとつの到達点である愛機でしたが、諦めました。手頃な価格になった液晶に買い換えです。ウーン、絵は前のほうが綺麗(-_-;)  
 
 思えば、電気製品というのは寿命にアタリハズレがあり、また、規格の変更に翻弄されてきました。時代の流れでいうと、私の世代が(特に多く)そういうことを味わったことになります。
 TVならば白黒からカラー、フラット横広がり画面、デジタル放送、ハイビジョン、プラズマ、液晶、これから先は有機ELですか。
 ビデオならば、もう若い人は知らないベータと、機能とは関係のない理由で勝ち残ったVHS、それもDVDが取って代わったと思えば、次はブルーレイがのしてきそうです。
 音のほうもレコード、テープからMD、CD、今は機器へのダウンロードが加わりました。 ( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=93 |
| アイテムいろいろ-1 | 09:15 PM | comments (4) | trackback (0) |
?リール
  地元、九十九里の八百善釣具店さん所蔵の?リールです。面白いので写真、撮らせて貰いました。
 旧リョービ製の試作品かも、ということらしいのですが、製造年、名称等は不明です。機構を詳しく見ると、相当古いことは確かです。
 
 何が面白いって、左右両用にするために現在のようにハンドルを外して、好きな方に取り付ける方式ではなく、ギヤボックスを180度回転させるという、わざわざ難しいことをしているからです。
 ここまでなら、なんだそんなことか、となりますが、考えてみて下さい。普通にリールを180度回転させたら、どちらかを逆回ししなくてはなりません。
 それが、このリールは左右とも同方向で巻けます。何やら、リールの内部で複雑なことをしているようです。  ( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=86 |
| アイテムいろいろ-1 | 08:52 PM | comments (0) | trackback (0) |
クニペックス・ペンチ
 皮のケースの裏に1991・6と書いてあります。このペンチはKさんから戴いたもので、長年の愛用品になりました。 Kさんは当時、何処の海に行ってもよくお会いするので、本当は同じ顔の人が三人ぐらいいるんじゃないか、と思っていました。私と同年代なら、Kさんが誰だか判りますネ。見習うべき事の多い人です。 
 クニペックスのペンチを手にするまで、国産のステンレス製のペンチを使っていたのですが、サビなければずっと使えるはずのものも、過酷な使用方法だと、早々とガタがきました。
 しかし、これはバナジューム綱にクロームメッキながら、今でも現役です。さすがに幾多の遠征も共にして、リーダーカット、魚のシメ、ナイフやトンカチ、バールの代用、何千という魚からハリをはずし、サメにも何度もカミカミされて、カット部の刃は潰れ、掴む部分のギザギザもツルツルになりました。 ( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=78 |
| アイテムいろいろ-1 | 12:33 AM | comments (0) | trackback (0) |
ロディ・スプリンター480(1969年製)
 昔、渋谷のサンスイさんで、お年玉を貯めて買った物です。この頃のリールで残ったのは、これとアブ製品しかありません。ほとんどの国産リールは、メンテナンスが悪かったせいか、いつのまにか海水に浸食されて使用に耐えなくなり処分してしまいました。
 ロディも同様の扱いをしてきたはずですが、パーツそれぞれの耐久性への気配りが、あの頃の有名他社のものより上だったようです。
 例えば、真っ先に浸食されるダイキャスト製のスプールのエッジがステンレスリングで保護されているのです。今でこそ、この部分は高価格帯のリールに特殊なリングが採用されているのは、あたりまえですが、当時は珍しいものでした。 ドラグも単純な割に実用的です。ラインローラーも付いているし、壊れそうな所は、今の物より太目のビスが使われています。ハンドルの注油部は、バネ付きボールのニップルです。ローターと本体のスキマも海水に強い構造です。
 そして、主要部に三つの大きなボールベアリング。小さなベアリングのものは耐荷重性がない。要するに、壊れるところが少ないリールだったのです。
 
 私は、K-TEN誕生の少し前まで、たまに使っていました。組み合わせていたロッドは振り出し石鯛竿、怒濤18号。先と根元を詰めて、シーバスロッドに改造したものでした。
 ロディというメーカーは、無くなりましたが、その後の話をちらりと聞くと、なかなかの物語があったようです。ネットで、「稲村製作所 ハイネスエンジン」と検索するとその一部が解ります。(ヤフー検索今日現在)
( > > > 続きを読む)
| http://www.tacklehouse.co.jp/ktenlab/index.php?e=76 |
| アイテムいろいろ-1 | 10:26 PM | comments (6) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑

 

 
合計: 3706292
今日: 127
昨日: 978
あなたの良き思い出のために